横山健の口説きの4ステップは詐欺か? - ストリートナンパ師が、恋愛理論を考えてみた。

横山健の口説きの4ステップは詐欺か?


根岸です。


本日は多くの方が勘違いしている”恋愛の常識”についてお話をしていきたいと思います。


以下のような恋愛テクニック(?)を聞いた事がないでしょうか。


「恋愛対象にならなければいけないから、友達になるな」
「最初に友達フォルダに分けられたら、それ以降恋愛対象には見られない」
「だからこそ、彼女にしたいなら最初からガンガン恋愛感情を押し出せ」



というような”恋愛理論”です。


ですがここは、敢えてはっきりと断言しておきます。


上記のような「友達になってしまったら、それ以上の関係にはなれない」という恋愛の情報は”ウソ”です。


むしろ、恋愛対象になりたいのであれば、友達という関係を経なければ絶対に不可能です。


まぁ”友達”というものの定義次第ではありますが、友達と恋愛関係であれば、関係性の深さとしてはどう考えても 友達<恋愛関係 ですよね。


恋愛というものは自分と女の子の心理的な距離を縮め、関係性を作り上げていくものですから、いきなり恋愛関係という深い関係性までに飛び越えることは不可能です。



それではなぜ、こんなにも「恋愛対象にならなければいけないから、友達になるな」と言われているのでしょうか。



それは、女の子が気の無い男性からの告白に対して、以下のような断りの返事が多く言われているからだと僕は思います。


「ごめんなさい。彼氏とかじゃなくて、友達としか見れないの。」


言ってしまえば、この返事を聞いて多くの男性は”この言葉を真に受けている”と思うのです。


友達にしか見れないなら、友達になってはいけないからなんだな・・・と思ってしまうわけですね。



しかし、本当は女の子を口説くにも正しい手順が必要です。


横山健さんの”口説きの4ステップ”でも言われていることではあるのですが、落とすためには以下の

・好感度を積み重ねる
・女性の心を開かせる
・男としての価値を植え付ける
・女性に行動させるよう自己説得させる


こういった心理的な距離を順番に、徐々に縮めていかなければならないのです。


<参考>
横山健さんの口説きの4ステップとは?

詳細はこちらより無料で読むことができます。

※ページの途中にメールアドレスを登録するフォームがあるのですが、そちらに登録すると自動返信でPDFファイルをもらうことができます。


横山健さんの口説きの4ステップをより深く知りたい方へ

こちらで更に深い内容が解説されています。




関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ストリートナンパ師が、恋愛理論を考えてみた。 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます